なんにもないところ

c0188229_14103138.jpg

このごろ 休日に時間と気持ちの余裕が
今までより持てるようになったからだろうか、
周りをぐるっと見渡して なんにもないなぁってつくづく思う。
改めてそう思う。
ただし、今はずっと以前のような不快感は消えた。

若いころから 自分が生まれ育ったところは
つまんないところだなぁって思っていた。
だから時々そういうことを人に言ってしまったり、
他から来た人に「なんで~?」と聞いたりする。

「なにもないところがいいんだよ~」
学生の時東北から来ていた友達
「トスカーナ地方に景色が似ていなくもないよ」
イタリアに3年住んでいた高校の時の友達
「ロンドンの郊外とどこか似ているよ」
イギリスから来ていたALTの先生
「船で世界回っているとき日本にも寄って、よかったから」
アメリカから来ていたALTの先生
... 日本と言ってもいろんな所があるでしょうに、ここでよかったのかなぁ?

ふうん... 他を知らないから、ふうんってしか言えない。
そうなんだけれども
こうやって答えを返してくれた人たち、
ぽんたのこの土地への不満を察知して、
ここがいいイメージに感じるような答え方をしてくれているかも。

山ばっかりのところに住んでいるぽんたの娘は
以前帰省した時
わ~北海道だ~平らだ~山がな~い!って騒いでいたっけ。
車で移動中で日高山脈もしっかり見えていたのに、
あれは山じゃないんですかい?
2年近くもっと平らなところに住んでたよねぇ?と
ツッコミたくもなりましたが...

なんにもないからこそ生まれる会話や気遣いも悪くないかな。

ただなんにもないだけ。
そこから何を受け止めるかは自分次第だから。

・・・・・

い~や!なんにもないじゃない、あるんだわ、
地図で見るとぽんたが住んでいるところのほぼ真下に活断層が!

なんにもないのがいいよぅ、活断層なんて... 
[PR]
by fureai-room | 2016-04-25 15:05 | Comments(0)

何気ない心のふれあいが幸せを連れてくる・・・


by fureai-room
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30